loading

シャインが準備中

令和3年の新米を販売開始いたします

今年は天候不順でしたが、美味しいお米が収穫出来ました。

是非お試しください。

自社直売所と直販サイトよりお買い求めいただけます。

9月14日より無農薬コシヒカリ新米販売を開始いたします

9月14日より無農薬コシヒカリ新米販売を開始いたします。

自社直売所とわくわくひろば(モラージュ佐賀内)、その他店舗や直販サイトでも販売予定です。

新規ホームページを公開しました

有限会社 七島農産

お客様や地域のため喜ばれる農産物作りを目指します

令和3年の新米を販売開始いたします
詳細・今までのお知らせはこちら>
有限会社 七島農産

ななしま家(ななしまや)
七島満好より

この度はななしま家のホームページに来てくださいまして、誠にありがとうございます。

ななしま家こと七島農産は代々農業を生業としております。
父・七島利男の時代から米の無農薬栽培・減農薬栽培に取り組みました。

私が2005年に会社を設立して皆様に安全で安心なお米をお届けしたく日々精進しております。
お米生産販売の他、麦、大豆の栽培を行っております。

また稲刈り、麦刈り、大豆刈り取り、お米乾燥調整、籾摺り、精米作業も弊社の取り組みです。

七島農産はお米や麦の検査もできる「穀物登録検査機関」としてお米や麦の等級検査も行っております。

「ななしま家」とは「七島農産は家族のように一丸となり、大切な人に食べてもらう作物を作る」という意味を込めています。
天山の麓、小城市三日月町から皆様にご挨拶申し上げます。

取締役 七島 満好

ななしま家
五つのこだわり

「美味しいお米は健康な土作りから」

ななしま家は、無農薬や減農薬栽培でお米つくりをしています。
安全安心なのはもちろんのこと美味しいお米をお届けするために土作りにこだわり続けています。

「家族を大事にするななしま家」

「ななしま家」とは「家族に食べさせたい安全安心な食べ物を家族のように一致団結して作り上げる」というポリシーで農業に取り組んでいます。
長年の経験のあるおじいちゃんの助言を受けつつ代表の七島夫婦、社員やスタッフがみなさんに喜んでいただけるよう頑張っています。

「恵まれた大地で作る美味しいお米」

ななしま家は佐賀県小城市三日月町にあります。
田んぼは三日月町を中心に百枚以上点在しています。三日月町は太古の昔からお米つくりの盛んなところです。
遺跡からも米つくりの石器などが出土しています(三日月町土生遺跡)。
天山の麓で肥沃な大地が広がっています。

「長年の経験を継承して未来へつなげるななしま家」

ななしま家は、平成17年に七島満好が設立しました。
しかし七島家は四百年以上続く農家の家系です。
平成2年から先代七島利男が合鴨農法での無農薬栽培を始め30年以上経過しています。
このノウハウを社員や息子に伝えて永続可能な農業を目指しています。

「環境に配慮し循環型農法にこだわるななしま家」

先代七島利男が平成2年に無農薬栽培でお米つくりを始めたころは、世の中に「無農薬栽培」を認めてくれる仕組みはありませんでした。
しかし七島利男じいちゃんは「きっと待っていてくれる消費者がいる」と信じて農業を続けてきました。
七島満好の時代になり「佐賀県特別栽培農産物」の認証を受けています。
ななしま家のお米を消費者のみなさまに届け続けたいと精進しています。

取り扱い商品一覧

ななしま農産のスタッフが
心を込めて作ったお米です。
生産者の顔が見えて、
安心して食べていただきたい!
ななしま家の想いです。

夢しずく(三日月の夢)

夢しずくの特徴は、なんといっても光沢と粘り気にあります。 この品種の元となったキヌヒカリは光沢が美しい品種であり、炊きたてのお米はつややかでとても美しいのが特徴です。

口に含んだときの食感は少し柔らかめでありながら、噛めば噛むほどに甘さと旨みが出るおいしくて味わい深いお米として知られます。柔らかめに炊き上がるお米であることから、歯が生え揃わない乳幼児でも食べられます。

炊きあがりは柔らかでふっくらとしており、つやと粘り気があるので和食にぴったりのお米として地元の人からも愛されているお品種で、佐賀県内の寒暖の差が激しい地域で栽培されているお米であることから、旨みが凝縮されていて口に含むとふんわりとした柔らかさと、甘みを感じることができるお米です。

コシヒカリ(三日月の光)

コシヒカリは、国内栽培面積の1/3を占める人気のブランド米です。

艶のよい見た目・粘り気のある食感・旨味の強い味と、すべてにおいてバランスが取れており、「お米の王様」などと呼ばれるほどです。

コシヒカリの味の最大の特徴は、ふっくらもっちりとした粘り気と、強い旨みです。

みずみずしいお米はひと粒ひと粒が光り輝き、炊きあがりの美しさもピカイチ。

旨味の強いこしひかりは、煮物やハンバーグなど濃いめのおかずにも負けない存在感があります。

和食・洋食問わずどんなおかずにも合いますが、お米本来の味を楽しむなら、漬物やおひたしなど「ごはんのおとも」と食べるのがおすすめ。

さがびより(三日月日和)

さがびよりは、佐賀県オリジナルのお米のブランドです。徹底した栽培管理と乾燥調製を施し生産されたお米です。県内の優秀な生産者が「さがびより米マイスター」として、現地で指導を行い品質を保っています。生産量をあげるよりも出荷の基準を統一させる事で、品質の向上に力注いだお米です。

他のお米に比べて粒が大きい「さがびより」は、水に長く浸けて置く方がおいしく炊けます。夏場で30分、冬場で1時間程度は浸けておきます。常温より風味が落ちにくい冷蔵庫に保管する事をおすすめします。お水の量もお米の量を同じか2割増位にする事でモチモチ感が高まります。お米本来の味がしっかりので炊き立てはもちろんの事、冷めてもおいしく頂けるので、おにぎりやお弁当におすすめです。

もち米(ヒヨクモチ)

もち米は、餅つきやおこわなどを炊くときに使います。モチモチとした食感が特徴で、見た目はお米よりやや丸く、白く不透明で、そのまま食べる以外にも、みりんの醸造、米菓子などに使われています。

炊いても硬くなりにくく、もちもち感も抜群で、お餅はもちろん、おこわ、赤飯に適しています。ヒヨクモチの「ヒヨク」は、九州の平坦な肥沃地帯を意味したネーミングです。

水分を含んで膨張しやすく、炊飯時には、お米のおよそ1.2倍の水を入れて炊いたり、蒸すという方法もあります。

もち麦(くすもち二条)

もち麦は、最近腸内環境を整える“スーパー食材”として話題になっています。
大麦の一種で、注目されている理由は、「大麦β-グルカン」という食物繊維を豊富に含んでいて、大麦β-グルカンは水に溶けやすい特性をもつ水溶性食物繊維で、糖質の吸収を抑えるなど、腸内環境改善の働きがあります。

食物繊維だけでなく、ミネラルやビタミン、ポリフェノールも豊富に含まれています。
栄養素をしっかり摂れて、ダイエット効果も期待できます。
「もち麦」の美味しい摂粘性が高くもちもちした食感で「麦ごはん」として食べるのが最適で、特に朝食に取り入れて、腸内環境を改善する新しい食習慣を始めるのもいいですね。

【取り扱い休止中】レンジパックほかほかごはん

コシヒカリは、国内栽培面積の1/3を占める人気のブランド米です。
艶のよい見た目・粘り気のある食感・旨味の強い味と、すべてにおいてバランスが取れており、「お米の王様」などと呼ばれるほどです。
コシヒカリの味の最大の特徴は、ふっくらもっちりとした粘り気と、強い旨みです。
みずみずしいお米はひと粒ひと粒が光り輝き、炊きあがりの美しさもピカイチ。
そんな美味しいコシヒカリを炊き上げて無菌パック化しました。
レンジでチンするだけで、おいしいコシヒカリが手軽に食べられます。